読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LetsMT:専門文書と少数言語に強い機械翻訳技術

海外ニュース

言語技術開発業者のTildeが、ICT 2013のイベントで革新的な機械翻訳技術『LetsMT』を発表します。LetsMTは、専門文書や少数言語の翻訳でGoogle Translateよりも優れているため、国家間の言語障壁を取り除き、デジタル単一市場(digital single market)の確立を促進させることができます。

 

Tilde社の機械翻訳技術『LetsMT』は、24の公用語を持つEU内の言語障壁という問題を打開するために開発されたツールです。Google Translateなどの現行のテクノロジーは、特定の文書や少数言語にうまく対応できていません。さらに、グローバル企業により翻訳されたテキストの守秘義務という課題もあります。

 

この課題に対処するため、Tildeは一流大学と研究センターと協力し、高品質の機械翻訳技術を開発するためのコンソーシアムを設立しました。これに関しては、Competiveness and Innovation Programme for ICTの一環として欧州委員会の支持を受けています。

 

この技術は、デジタル時代にEU市民が直面する課題を克服する上で重要なものになるでしょう。LetsMTはEU言語の多様性を維持しながら、国家間の言語障壁を取り除くことができます。言語障壁は欧州において、デジタル単一市場を確立する上での最後の課題として認識されています。

 

「今回の技術革新をもたらした言語領域の研究員の能力の高さには驚かされます。政府や企業、一般の方々が大きな関心を示しています。」と、TildeのCEOであるAndrejs vasiljevsは述べています。

 

欧州委員会が主催する『ICT 2013』は、欧州最大のデジタル技術イベントです。同イベントでは、サービス部門における最先端の研究や技術、システム、最新のICT製品を紹介します。このイベントでTildeは、LetsMTをプレゼンする予定です。

 

1991年設立のTildeは、欧州における有数の言語技術開発会社であり、バルト海沿岸の3か国すべてにオフィスを構えています。機械翻訳技術のLetsMTのほかにも、校正ツールやオンライン辞書、携帯用翻訳アプリなどの言語技術製品をもっています。

Scanadu Scoutでバイタルサインをスマホに送信:ScanaFlo(使い捨ての尿検査キット)

海外ニュース

無数のスマートフォンアプリを利用できる現在、私たちは携帯電話を健康チェックなどのさまざまな用途に利用できます。健康関連電子機器会社Scanaduは、携帯にバイタルサインを送信できる最新のモニタリング機器へ千万ドル投入しました。

 

Scanadu Scoutは健康モニタリング機器であり、同社によれば、体温や(拡張期および収縮期)血圧、Oximetry(ヘモグロビン飽和量)、ストレス、呼吸数( respiratory rate)、心電図(electrocardiography)などの生体信号を読み取り、スマートフォンに計測値を送信するとのこと。

 

おでこに同機器をのせれば、10秒以内にバイタルサインを読み取って、その結果をBluetooth経由でScanaduのスマホアプリに送ります。

 

同社のCEOであるWalter De Brouwerは、自身の息子が救命救急処置を受けた際に、体の状態をチェックする携帯のアイデアを思いつきました。

 

彼は医療データや関連機器を理解するために病院で1年間過ごした結果、最終的には息子の治療で医師と連携するようになりました。

 

Brouwerの目的は、患者が自分の健康をコントロールできるようにすることでした。
「消費者は自分らの健康をモニターするためのツールをもっていません。そこで、健康を自分でコントロールできるようにするツールが必要だと思いつきました」

 

入院率を低下させ、患者と保険会社にとっての管理コストを減らす上で、同機器はかなり有用であるとBrouwerは確信しています。

 

Scanadu Scoutだけでなく、同社はScanaFloと呼ばれる他の機器も開発しています。

 

ScanaFloは、使い捨ての尿検査キットであり、FDAから承認されれば、妊娠合併症(pregnancy complication)、妊娠性糖尿病(gestational diabetes)、腎不全、尿路感染症などの検査に利用できます。

 

今年初めには、ウィルスや、人毛の千分の一の幅の物質を検出する『スマホ顕微鏡( smartphone microscope )』がMedical News Todayで紹介されました。

機械翻訳に挑むAckuna社:アプリ開発者に無料のクラウドソース翻訳を提供

海外ニュース

アプリケーションのダウンロードが世界中で急増していることから、世界各国のユーザーに製品を届けるための翻訳技術開発の重要性がますます高まっています。

 

Ackunaは支払レベルに準じた専門翻訳者サービスや、依頼の初期段階で無料のクラウドソース翻訳を提供しています。

 

AckunaはBingの誤訳例を示すサイトも持っています。

 

Ackunaは無料の機械翻訳文をを構成するプラットフォームとしてスタートした会社であることから、プロの校正者を必要とする場合にはここから人材を紹介してもらうことができます。同社はアプリケーション開発分野からの受注に力を入れています。なぜなら、この新しい市場はポテンシャルが非常に高く、英語以外の言語が使用されていないからです。

 

機械翻訳はあまりにも不正確になる傾向があるため、Ackunaチームはアプリ開発者と協力して機械翻訳の撲滅キャンペーンを実施しています。

 

Ackunaマーケティング部の Matt Bramowiczは次のように述べています。

 

「無料翻訳の利用を残すことも重要ですが、これからはより正確な人間バージョンが求められるでしょう」

 

アプリ開発業者はAckunaのサイトで無料登録するだけで、同社のファイルをダウンロードできるようになります。

 

アップロードするだけで記入できるので、翻訳者はアプリがどのようなものかを把握することができます。

 

一回アップロードすれば、そのあとは記入する必要が全くありませんが、念のため、翻訳者が内容をより詳しく理解できるようにするためにアプリケーションのスクリーン・ショットをダウンロードすることをお勧めします。

 

開発側はより多くの情報を提供した後(情報量が多いほど訳文の質が向上します)、アプリの訳出言語(20言語)を選択します。

 

米国のアプリケーション開発者はそのほとんどがスペイン語を選びます。その次が中国語であり、日本語、ドイツ語、ロシア語、フランス語と続きます。

 

クラウドソーシングは無料であることから、同社はプロ翻訳へのアップグレードを提供します。依頼人のテキストを一人の翻訳士に送信し、値段交渉(1wordにつき30セント以下)を行った後、原文の長さに応じて24~48時間以内に訳文を納品するという形です。

 

Ackunaのサイトには今のところ約6000名のユーザーが登録しており、同社のクライアントはそのサービスにたいへん満足しているとのこと。顧客のアプリを世界中の人々に届けることがAckunaの使命なのです。

 

One Hour Translation がフィリピンの被災地に翻訳チームを派遣

海外ニュース

週末にフィリピンを襲った台風は数千人の死者と数万軒の家屋倒壊をもたらしました。医療援助およびレスキューチームが世界中から災害地に集まっています。

 

One Hour Translation はプロの翻訳サービスをレスキューチームに提供しており、必要に応じて生存者にも提供しています。この翻訳会社はハイチ地震や東日本大地震のような過去の災害時にもサービスを無償で提供しました。

 

その際に、One Hour Translationのプロ翻訳サービスは、言語障壁を取り除く上で大きな貢献をしました。「我々の翻訳サービスがレスキューチームと被害者をサポートすると確信しています。残念なことに、我々はこのような事態を過去に経験しています。同社の24時間サービスおよび支援チームは災害関連の翻訳プロジェクトに向けて準備を進めています。」とOne Hour TranslationのCEOを務める Ofer Shoshanは述べています。

 

フィリピンには7100以上の島があり、そのうち複数の島が台風により甚大な被害を受けました。これらの被災地にさまざまな方言が存在することが、事態をさらに悪化させています。救援チームが地元民とうまくコミュニケーションをとれないのです。

 

One Hour Translation はタガログ語( Tagalog )とフィリピン語の翻訳を支援します。また、他の地方言語を担当する翻訳者の手配も進めています。

 

One Hour Translation について

 

One Hour Translationは、ウエブ翻訳で活躍する会社であり、15,000人の翻訳者を配して世界中の数千の企業にサービスを提供しています。 同社の対象言語数は75であり、最高品質を確保するための最先端技術を用いて翻訳作業を行っています。また、email、プロの人間による翻訳APICMS翻訳プラグイン( CMS translation plug-in)、電子商取引(e-commerce)の翻訳サービスも行っています。

ABC Translations の評判

海外ニュース

ABC Translations は技術、金融、工学、医学、ビジネス関連の文書に特化した翻訳会社です。絶対的な技術的正確性と言語技能(language expertise)、実証済みの品質チェック手順により、同社が提供する技術翻訳サービスは同産業において最高品質であるといってもいいかもしれません。同社に登録している翻訳者やエンジニアは、農業、宇宙、電気学、情報技術、環境学、薬学、通信、建築工学、生体医科学(biomedical science)などでMSやPhDを取得しています。ABCに仕事を依頼するということは、言語分野の専門家や科学者による最高品質サービスを受けられることを意味します。

 

ABCは技術翻訳のクライアントから絶大な支持を受けています。他のサービスと異なり、技術翻訳サービスの品質を確保する場合に第三者によるチェックが必要になります。

 

同社の品質保証部は非常にアクティブです。全案件の23%が、他の翻訳会社に依頼したらあまりにも品質が悪かったという経験をした依頼人からのものです。残念なことに、依頼人のほとんどは訳出言語のネイティブから指摘を受けるまで品質の劣悪さに気づくことがありません。これにより企業の評判に傷をつけることになります。

 

Quality Assurance Verification 手順を満たしている翻訳会社は5社につき1社のみであり、同社の報告によれば、最も一般的なエラーは脱字、一貫性のない用語使用です。

 

同社では技術翻訳プロジェクトのすべてが、Quality Assurance Agent のチェックを受ける体制になっており、訂正は予算内で即座に行うそうです。また、訳出言語のネイティブで翻訳を行うことを原則としており、外注することはないとのこと。

インドの自国語翻訳システムに課された試練

海外ニュース

National Translation Mission プロジェクトのディレクターであるSaratchandran Nair は水曜、インドの自国語のテキストを英語へ即時翻訳する機械翻訳システムを準備していると述べました。

 

彼は Kuvempu Institute of Kannada Studiesで「Preparation of Glossary for History and Political Science in Kannada」のワークショップを始動させています。

 

彼が言うには、大学で使用される教材のほとんどは英語で書かれているため、大学入学前に自国語で教育を受けてきた学生のほとんどが、大学生活で数多くの困難に直面するとのこと。「そのため、学生は概念をうまく掴むことができないのです。この問題に対処するために今回のプロジェクトを開始しました」と彼は話します。

 

「科学および技術専門用語は69分野と22言語で誕生しており、各分野に25,000~30,000の語彙が存在しています。機械翻訳ツールが進化するとともに、一般の人々でも翻訳者になれるようになってきています。」とのこと。彼の開発チームは家庭で使用できるオンライン翻訳システムの構築に取り組んでいます。

 

全分野で使用されている即時翻訳機械は中国語や日本語、アラビア語などの少数の言語しか対象にしていません。

 

インドでは、全分野で利用可能な言語はタミル語だけですが、オリヤー語は49分野で通用します。しかしSanthali、 ManipuriやKonkaniが使用されている科学分野はありません。

 

政治学(Political Science )教授でありNTMのメンバーでもあるMuzaffar H Assadiは、翻訳には知識、知見、論文の3つの必要不可欠な要素が欠落していると話します。彼が言うには、政治学や歴史書の翻訳は、同分野に精通している人が行わなければならないとのこと。

 

彼は翻訳が抱える課題についての説明で、著名な政治学者が執筆した多くの著書は、翻訳することが難しいがゆえに地方言語で読むことができないと話しました。

 

「たとえば、口語体で書かれたDevanuru Mahadevaの小説『Kusumabaale』などを翻訳しようとしても、そのニュアンスを維持することは不可能でしょう」と彼は話します。

最新のPointMan DNA Enrichment Kit(濃縮キット)が発売

海外ニュース

EKF Molecular Diagnostics 社が、AMP, Stand 125の AMP 2013 Newがん遺伝子検出技術製品としてPointMan DNA Enrichment Kitを発売します。

診断器具メーカーとして世界的に有名なEKF Diagnosticsは、11月14~16日に開催されるMolecular Pathology Annual Meeting (AMP 2013)でPointMan DNA enrichment kitを発売します。研究用のこのキットを使用すれば、さまざまな癌に関連するEGFR、NRAS、KRAS、およびJAK2遺伝子変異を、高度に特異的かつ超高感度に同定することができます。

リアルタイムPCR技術のように、PointManは対象の野生型遺伝子の標的配列を複製することにより、癌変異の高感度な検出を可能にします。この技術を導入した濃縮キットは、バイオマーカーと薬剤反応( drug response)を理解するための研究ツールとして理想的なものになるでしょう。

サンプル数も少なくて済むことから、変異遺伝子配列の濃縮を低コストで効率的に行うことができます。EKFの新しい癌バイオマーカーキットは以下の通りです。

PointMan KRAS コドン12/13/61 DNA Enrichment Kit
KRAS遺伝子は結腸癌の治療で有用であり、コドン61の追加で KRAS 遺伝子内のさまざまな変異を確認できる可能性があります。
PointMan EGFR DNA Enrichment Kit
新たに拡張した同キットでは、非小細胞肺がんのEGFR標的治療で有用となるエクソン19および21の変異が追加されています。
PointMan NRAS DNA Enrichment Kit
NRAS遺伝子変異は悪性黒色腫(malignant melanomas)の全症例のうち約13-25%で確認されており、コドン12、13、および61で高頻度に発生します。
PointMan JAK2 DNA Enrichment Kit
JAK2遺伝子変異は真性赤血球増加症(polycythemia vera)、本態性血小板血症(essential thrombocythemia)、骨髄線維症(myelofibrosis)、および他の骨髄増殖性疾患(myeloproliferative disorders)に関係しています。

今回の発売は最初の3つの PointMan DNA濃縮製品(2013年3月に発売されたBRAF, KRAS, EGFR T790M DNA濃縮キット)に続くものです。EKF Molecular Diagnosticの濃縮キットの追加は、現在のDNA抽出および検出能を改善させるために必要な同社の力をアップさせます。

EKF Molecular DiagnosticsのCEOを務めるAndrew Webbは次のようにコメントしています。
「最新の研究キットを発売し、癌治療の向上に貢献できることに喜びを感じています。現在の方法における感度不足を克服するため、2014年にも研究キットを追加発売する予定です」

EKF Diagnostics 製品は100ヵ国以上で販売されています。