各種の弁形成術

①僧帽弁形成術

僧帽弁は左心室というポンプの働きをする部屋の構造の一部分です。生体弁でも機械弁絵も、人工弁に取り換える手術(人工弁置換術)は自分の僧帽弁を切り取ってしまうところに大きな問題があります。ダメな扉だから切り取って新しいものに変えるわけですが、話はそう単純ではありません。僧帽弁という扉は、実は単に部屋の入り口で開閉しているだけでなく、さまざまな役割を担っています。僧帽弁は、壁のあちこちとつながっていて心臓の複雑な動きにかかわっているので、これをとってしまって、別の扉をそこに入れることは心臓の動きが落ちることを意味するのです。弁の付け根にある弁輪(べんりん)と、左心室の壁がつながっている部分を維持することは、心臓の動きを保つために必要なのです。

②大動脈弁形成術

大動脈弁は左心室の出口にありますが、左心室の構造の一部ではありません。これを温存することの意義は僧帽弁に比べると大きくありません。僧帽弁形成の出来上がりは僧帽弁置換より自然の便に似ていますが、大動脈弁形成術の出来上がりはたいて、自然な弁と違います。これに対して大動脈弁の生体弁のほうが自分の便に似ています。良好な機能を持つ生体弁を使うことができるなら、無理に弁形成手術をするよりもそのほうが良いのでは内科といえます。また大動脈弁の弁形成手術を数多く経験している外科医は非常に少なく、多くの場合、生体弁より良い結果を出せると術前に予測することが難しいのです。

③三尖弁形成術

成人では三尖弁の手術が単独で行われるのは極めてまれです。僧帽弁の手術と一緒によく行われます。三尖弁はいかに逆流が強くても、できるだけ人工弁を避ける形成術を行うべきと考えられています。それは、三尖弁の人工弁置換術の成績が不良であることが第一の理由であり、第二の理由はリングを用いることによってほとんどの場合で血液逆流をなくすことができるからです。まれに自己心臓パッチや人工腱索を用いることもありますが、広範囲にわたることはほとんどありません。大きく拡大した弁輪を、リングを用いて確実に縫い縮めることで逆流は制御できます。こうした治療が可能なのは、三尖弁にかかる力が小さいからです。