前立腺肥大症の検査手順


① 国際前立腺症状スコア(IPSS)とQOL(生活の質)スコアの記入
まず、泌尿器科外来の受付で、これらを記入してもらいます。

② 問診
スコアの記入が終わった後、問診に移ります。2種類のスコアによって、患者の症状がどの程度の者か、またそれをどのように感じているかが明らかになり、問診がスムーズに、そしてかなり正確に症状を理解することができるようになります。問診ではまた、神経因性膀胱の原因となる脳血管障害、脊髄疾患の有無や、ほかの合併症の有無が重要となります。

③ 尿検査
尿検査には、試験薬を含ませた試験紙を使って、尿の中に体の異常を示す成分がないかどうかを調べる検査と、尿を遠心分離器にかけて行う尿沈渣があります。

④ 血液検査(PSA検査を含む)
この検査は、腎臓の機能と腫瘍マーカーによってPSA(前立腺特異抗原)値を調べるものです。腎臓が故障すると尿素窒素(BUN)やクレアチニンの数値が高くなり、PSA値は前立腺がんになると確実に上昇します。採血によるPSA検査は、最も重要な検査です。

⑤ 経腹的超音波検査
これは、前立腺の大きさや形、膀胱内の腫瘍や結石などを調べるための検査です。超音波を下腹部に当ててチェックします。

⑥ 直腸内指診
直腸診を行う主な目的な前立腺がんの有無を調べるためです。前立腺は正常でも肥大しても、手のひらの親指の付け根のふくらみを押した時のような弾力性がありますが、前立腺がんになると手の甲側の親指の骨のような硬さに変わります。しかし、前立腺が硬くなっていたにしろ、それで即、がんとはいえません。検査の精度が上がってきた最近の調査では、硬化した前立腺の3分の1程度が、がんに侵されていると報告されています。

前立腺がんの確認には、PSA(前立腺特異抗原)と直腸診の両方をチェックするのが、一時検診です。

次は再診で行う検査です。

⑦ 尿流量検査
これは、前立腺肥大症がどの程度に進行しているかを測定する検査です。センサー付きの便器におしっこをしてもらい、尿の出る勢いと排尿状態、排尿時間を調べるものです。

⑧ 残尿測定(超音波)
おしっこの後に膀胱に残っている尿がある場合、超音波によって体積を計算し、残尿量をチェックするものです。

以上の検査によって、患者の前立腺肥大症の程度が診断されるわけであるが、その結果によって、どういう治療をするかが検討されます。