読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百日咳:吸気性笛声(レプリーゼ)

 百日咳は、グラム陰性桿菌である百日咳菌による呼吸器感染症である。飛沫感染する。百日咳菌は、気道上皮細胞に付着した後に増殖し、毒素を産生する。この毒素が激しい咳を引き起こし、リンパ球を増やす。

 約7~10日間の潜伏期の後、軽い咳と鼻汁の感冒様症状が起こり(カタル期、1~2週間)、次第に発作性の激しい連続性の咳とそれに続く吸気性笛声(レプリーゼ)になり(痰咳期、2~4週間)、その後に軽快していく(回復期、1~3週間)。症状は夜間・食後などに悪化しやすい。全期間6~10週間位である。痰咳期には、咳は嘔吐、赤くなる顔面、チアノーゼ、多汗、全身消耗をともない、乳児では肺炎、痙攣、脳症の合併により死の危険にさらされる。生後6か月未満の乳児では、典型的な痰咳期がなく、無呼吸発作が頻発して死に至ることがある。年長児や成人の症状は、長期に続く咳のみのことが多い。そのために百日咳であることに気づかず、年長児や成人が感染源となることが多い。

 発熱はともなわない。したがって、発熱は他の細菌の合併感染が起こったことを意味し、重症化の徴候(肺炎や中耳炎などの合併)である。また、百日咳が治癒した後の6ヶ月間位は、普通感冒にかかった時でも百日咳を思い出させるような激しい咳に悩まされることがよくある。

 伝染力が強いのは、カタル期~痰咳期初期である。抗生物質を使って除菌すると伝染力はなくなる。しかし、痰咳期に入ってからの除菌では、それまでに増殖した百日咳菌からの大量の毒素のために、患児の症状が軽減することはない。一方、診断が困難であるカタル期での除菌は、症状の軽減化か期待でき、潜伏期間での除菌は症状の軽減化のみならず、発病予防も期待できる。これらの時期では、百日咳菌があまり増えていないので、ヒトに悪影響を及ぼすほどの毒素量がないためと考えられる。したがって、児の周囲に百日咳患者がいる場合(保育園などでの集団発生例など)には、エリスロマイシンなどの予防投与が勧められる。

 ジフテリア・百日咳・破傷風混合ワクチン(DPTワクチン)の接種による予防が重要である。DPTワクチンを二回受けた児では典型的な症状はまれである。現在の百日咳ワクチンは非常に改善されており、生後3か月より接種可能である。乳児の百日咳を予防するために、早期の接種を勧めるべきである。


1……診断

 診断は症状により比較的容易である。すなわち、①鎮咳剤服用しても悪化していく咳と、②痰咳期の発作性・連続性の激しい咳とそれに続く吸気性笛声(コンコンコンコン・・・と咳こんだ後にヒーツと息を吸う音が鳴る)である。末梢血液中の著しいリンパ球増加(総白血球数が二万~六万にもなる)も診断の助けになる。ペア血清での抗体価の上昇や、百日咳菌の分離も確定診断に必要である。


2……治療

 患児の周囲の状況とワクチン接種歴を考慮して、できるだけ早期に治療を開始できるように努力する。治療の第一選択は、エリスロマイシンの14日間投与であるが、効果が期待できる他の抗生物質クラリスロマイシン、アンピシリン、ピペラシリンなど)でもよい。乳児は重症化するので、入院治療が原則である。重症例に対して、百日咳抗体価が高いカンマグロブリン製剤の投与が検討されている。気管支拡張作用がある交感神経刺激薬(β2刺激薬)や副腎皮質ステロイド剤が投与されることもある。

 対症療法が大切である。鎮咳剤の投与(過度の使用は避けること)、咳を誘発させない工夫、輸液管理などがある。

 合併症としての、肺炎、中耳炎、痙攣、脳症の治療も必要となる時がある。合併した細菌感染症に効果がある抗生物質投与、酸素投与、人工換気、抗痙攣剤投与などである。

○乳児(特に、生後6か月未満)の百日咳は重症化するので、バイタルサインの確認などによる全身状態の把握と、咳発作時のチアノーゼの有無の確認をする。担当医師との密な連携が必要である。

○発熱の出現は、他の細菌感染症を合併したと考えてまず間違いない。もし入院後に発熱が出現すれば、すみやかに合併感染症の治療を開始しなければならないので、すぐに担当医師に連絡すること。

○咳発作時に排痰を助けるための吸引処置などをする。また、咳発作にともなう嘔吐物の誤嚥に注意する。誤嚥予防のためにも少量瀕回の食事がよい

○咳を誘発させない工夫をする。安静、少量ずつ瀕回の食事、室温の急激な変化を避けること、ほこりゃ煙を避けることなどである。

院内感染に注意しなければならない。個室管理である。また、年長児や成人では典型的な百日咳の症状が出にくいので、百日咳に罹患していることに気づかないことがある。保護者・面会者のみならず、医療従事者自身が感染源にならないように注意する。医療従事者の健康管理(既往歴や予防接種歴の確認など)は重要である。

○百日咳対策は、ワクチンによる予防が一番である。医療従事者として、予防接種の意義について充分に理解しておくことが望ましい。

○学校保健法では、百日咳患者は特有の咳が消失するまで出席停止である。