なぜ、食前、食後、食間に飲む薬剤があるか

 

 もし、あなたが今常用している薬剤をお持ちなら、その服用条件を見てください。

 食後になっていますか。それとも、食前、あるいは食間でしょうか。

 一般には、食後に飲む薬剤が多くなっています。これは、食後に薬剤を飮むと、薬が食べ物と胃で混ざり、薬が直接胃の粘膜に接触しません。したがって、胃、小腸への副作用がでにくくなります。このような理由で、食後に飲む薬剤が多くなっているのです。

*食前に飲む薬は、食事の30分前から食べる直前までのこと

 食欲増進剤は食前酒と同様、食前に飲まないと効果がありません。

 胃、小腸に直接作用して、活動をイキイキとさせる薬剤なので、食後に飲むと食べ物と混ざってしまい、胃、小腸に直接作用する割合が激減してしまうからです。なお、食前に飲む薬剤とは、食事をとりはじめる30分前から食事直前までの間に薬剤を飲むことを言います。

*食後に飲むといっても、食事の内容による

 薬は、主に小腸から吸収されます。

 ですから、薬剤を飲んだ後、胃から小腸への薬の移行が速いほど、薬の吸収も速く、薬の効き目も速くなります。

 空腹時に薬剤を飲むか、食後に飲むかによっても、胃から小腸へ薬が移動していく時間に差がでます。さらに、食後に薬剤を飲む場合は、あっさりとした食事をとるか、それとも、こってりと脂分の多い食事をとるかなどの食事の内容によって、胃から小腸への薬の移動時間がちがいます。また、食事の量によっても、胃から小腸へ薬が移動していく時間が変わります。

 このように薬剤によっては、食事の内容、量のちがいで薬の吸収に大きな影響がでます。

 少し、例をあげてみましょう。

 たとえば、降圧薬のカプトプリル(商品名カプトリルなど)を空腹時と食後に飲んだ時、循環血液中のカプトプリルの濃度の推移を比べてみましょう。
 空腹時に飲むと、循環血液中の薬の濃度は、急激に、短時間で高くなります。それに対し、食後に飲むと、循環血液中の薬の濃度は低くなり、薬の効果は空腹時に飲んだ時に比べて劣ります。

 また、空腹時に鎮痛・消炎薬のインドメタシンファルネシル(商品名インフリー)を飲むと、ほとんど吸収されません。

 しかし、食後に飲むと高い循環血液中の薬の濃度が得られるということがわかっています。食後に飲むと、食事による刺激シグナルが脳に伝わり、胆汁の分泌量が増えます。胆汁には、リパーゼなどの消化に関する酵素以外に、胆汁酸が大量に含まれています。胆汁酸には、脂っこい食べ物を溶かして吸収を助けるという作用があります。その胆汁酸でインドメタシンフアルネシルの溶解が進み、よく吸収されるのです。

  いっぽう、空腹時にインドメタシンファルネシルを飲んでも、胆汁の分泌が起こらないと、小腸では溶けず、吸収が起こりません。したがって、この薬剤は、食後に飲まなければ、鎮痛、あるいは炎症を抑える効果がでないことになります。

  一般に、食後に薬剤を飲んだほうが、循環血液中の薬の濃度はゆるやかに上昇し、かつ薬の効き目がマイルドに持続するので、副作用もでにくくなります。このようなことから、薬剤は食後に飲むことが多くなっているのです。

 しかし、水虫薬のグリセオフルビン(商品名グリソビンーFP、ポンシルFPなど)、腎臓移植後の拒絶反応を抑える目的で使うシクロスポリン(商品名サンディミュン)のように、水に溶けにくい薬剤では、状況が異なります。

 こってりとした脂分の多い食事をとった後、これらの薬剤を飲むと、脂分の吸収を高めるために胆汁の分泌がよくなり、脂っこい食べ物を溶かすついでに薬剤も溶かします。

 したがって、水に溶けにくい薬剤を飮む人は、脂っこい食べ物を食べた後に飲んだほうが、薬の吸収にとって有利と言えます。

 食後に飲むということは、食後30分以内に薬剤を飲むことを言います。