読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同じ薬剤を飲んで、副作用がでる人、でない人

 

薬剤の使い方が原因で起こる副作用

 食べ物などでも副作用は起こります。

 たとえば、塩を考えてください。ビーフステーキに塩を振りかけて食べればおいしいし、塩を利かした漬物は非常においしいものです。

 しかし、塩を多く摂りすぎれば、高血圧症の原因になるということがわかっています。また、砂糖を多く摂りすぎれば、糖尿病などになりやすいことはよくご存じのはずです。

 「過ぎたるは及ばざるかごとし」という格言があります。何事も、やりすぎると悪い結果になってしまうということです。

 塩や砂糖ですら、摂りすぎれば病気になります。まして、薬となれば、摂りすぎれば副作用がでるのは当たり前のことです。

 薬には「治療濃度」というものがあります。そして、多くの薬について、治療濃度がわかっています。医学や薬学の研究論文において、多くの薬の治療濃度が報告されています。