耳管狭窄症

 

 

 耳管が嚥下運動と一緒に開閉しないと、鼓室内の圧と外界の圧とのバランスをとることができない。鼓室の圧が低下すると鼓膜は押されて内方へ陥凹し、鼓膜の運動が制限される。耳がつまった感じとなり難聴も出現する。風邪をひくと咽頭の粘膜につながる耳管の粘膜が腫れ、耳管狭窄になる。ダイビンダをする人は「耳ぬき辷ができないと、潜水したときに水圧で鼓膜穿孔をおこし、大変危険なことになる。