読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

骨導を利用した植え込み型補聴器

 

 

 先天的に完全に外耳道が閉塞している場合(外耳道閉鎖症)で、内耳の機能は保たれている際には、治療として千術がおこなわれている。トンネルを掘るように外耳道を掘り、その先に鼓室と鼓膜をつくるのであるが、千術はかなり複雑で、結果は不満量であることも多かった。片方だけの場合、この千術はしないことも少なくない。

 

 両側の外耳道閉鎖症で内耳機能が保たれているとき、骨導を利用した補聴器が使われる。耳のうしろの骨に直接振動子を当てて、音を入れるのである。骨導補聴器は皮膚を通して音を伝えるので、音の伝導の効率が悪いし、長時間の使用によって皮膚を圧迫するため困難である。これを効率よくおこなうのが、スウェーデンで間発された「BAHA」合O